最高のJobで、Happyになろう! ジョッピー

つらい・大変といわれがちの就職活動を楽しむコツとは

つらい・大変といわれがちの就職活動を楽しむコツとは

皆さんは就職活動についてどんな印象を抱いていますか?


「つらい」「大変」「忙しい」「よくわからない」


様々な考えがあると思いますが、なかなか「楽しい」と思う人はいません。


しかし、勉強と同じように大変な中でも楽しむことができれば就活はそれほど悪いものではありません。


今回は皆さんが少しでも楽しいと思える就活の見方をご紹介します!


就職活動はつらいと言われがち

人生の岐路であると考えるから

そもそも就活を重く捉えてしまう原因は「人生の大きな分岐点」だと考えてしまうことにあります。「就職活動で今後の人生が決まる」「ここで失敗すればこの先苦労する」と考えるとどうしてもプレッシャーがかかり、楽しむ余裕が消えてしまいます。


社会人に初めて会う機会だから

ほとんどの場合、初対面の人と話すのは緊張するものです。


その相手が普段話すことのない目上の社会人であればなおさらです。


失礼のないよう振る舞おうとすると、これもまたプレッシャー要因となり、交流を楽しむ余裕がなくなります。


就職活動を楽しめば内定に近づく!?

一見難しく思える「大変なことを楽しむ」という行為はプラスの効果が期待できます。


自信を持っているように見える

期末テストの際に見かける「勉強楽しい系学生」は勉強に余裕ができているため自信をもって楽しむことができます。


それと同じような構造で、大変だけれども楽しむことができる人というのは傍から見て「心に余裕のある人、自信を持っている人」というふうに映りますうつります。


それだけで他の就活生とは違うので採用側も注目します。


成長が感じられる

マイナスな感情で活動していると欠点や失敗などに目が行きがちになります。


しかし楽しむ姿勢で活動していると基本的にポジティブなメンタルを保っているため、自身の強みや成長などに注目することができます。自分で自分を 褒めてほめてあげることでより高い向上心とモチベーションを獲得することができるのです。


楽しむための意識付けを

自分の希望しない企業も受けてみる

自分が予期しなかったところで意外な発見があります。


こういった刺激はときに自分のなかで停滞していた思考をリセットし、新たな道筋を見出すことがあります。


効果的な方法としてエージェントが見込んだ企業を受けてみるというものが挙げられます。


驚くほど新しい視点と心の変化が得られます。


自分のしてきたことを客観的に評価してもらえる絶好の機会と捉える

就職活動の選考では今までの自分を他者に伝え、それを評価するという項目が含まれています。自分の生きてきた軌跡をしっかりと見て質問をしてくれたり、意見を述べてくれる機会はこの先滅多にありません。


これから社会人として生きていくためにどういう志を持つべきかという議題を探るための良い機会だと捉えれば、幾分かプレッシャーはが和らぐでしょう。


小さく目標設定をして、それごとに小さなご褒美を

大きな目標、たとえば「第一志望から内定を得る」という目標は大きいが故にゆえに達成難易度も高いです。最初から合格基準を高く設定してしまうと後々自分自身を追い詰めてしまうので、小さな目標からコツコツと達成することを心がけこころがけましょう。それから達成したらその対価としてご褒美をいただきましょう。そうすることで次に挑むためのモチベーションを保つのです。


たとえば、「グループディスカッションで主要メンバーとして発言する」、「1次面接を通過する」などレベルに合わせて目標を設定し、達成したら難易度や褒美を変えていきましょう。


時には休息も

休むことは決して悪いことではありません。


とくに行き詰ったときは気持ちを切り替えるために一度自分がしたいことを思い切りやってみることが大切です。無論、就活中にできる範囲のことですが数日観光したり、友達と遊びに行く、奮発して美味しいものを食べるなどでリフレッシュすることをおすすめします。


楽しむために知っておくこと

就職活動自体は通過点でしかない

就職先が決まること自体はめでたいことですが、「就活がうまくいく=安泰」 ではありません。その先が大変なのです。自分が幸せになれる生き方を将来に見据え、そのための通過点として就活をするという気持ちを持っていれば「第一志望が落ちた」、「思っていたような順風満帆な就活ができていない」という悩みは想像するよりも深刻なものではないでしょう。


1つの企業にずっと務める時代は終わりつつある

一つの企業で自分の時間を捧げるささげるという時代から、様々な働き方で自分の生き方を模索する時代へと移行しつつあります。このような時代では、今までの正攻法が必ずしも貴方の人生に安寧と幸福をもたらすとは限りません。


しくじったら終わりなどと考えず、自分の頑張り次第で当初考えていた企業に転職することもできるという見方を持ちましょう。そして、就職活動でとにかく精一杯やったのならば、ご縁のあった企業で社会人をスタートしてみるのも一つの経験です。


あなたの知らない企業があなたの居場所となる可能性だってあるのです。


まとめ

就職活動は社会人になる前の行事の中でも一番大変といっても過言ではありません。


しかしだからこそ、その過程を楽しみ将来を見据えることが大事です。


楽しむポイントは小さな目標を設定することです。


心構えとしては「思い通りにいかなくてもこの世の終わりじゃない」ということです。


就活期間では一期一会の出会いもたくさんあるので是非楽しんでください。


迷ったとき、つらいときは身近な人でもエージェントでもいいので頼ってください。



Roots面談にて頑張るあなたたちをお待ちしております!

~株式会社Rootsの就活面談サービス~

Job Spring

詳しくはこちら → https://joppy.jp/lp/05/192


つらい・大変といわれがちの就職活動を楽しむコツとは

この記事を読んでよかった!と思ったら押してね

よかった!
よかった!

あなたへのおすすめ

  • オススメ記事!

  • オススメ記事!

  • オススメ記事!

  • オススメ記事!

recommend!
ピックアップ記事は、あなたの読んだ記事に応じたオススメ記事です。
いくつか記事を読むと表示されるようになるので、
ぜひ興味のあるJoppyの記事を読んでみてください。

関連記事

新着記事

就活のプロに相談してみる