最高のJobで、Happyになろう! ジョッピー

就活で知りたい職種の決め方!

就活で知りたい職種の決め方!

「自分がどんな仕事をするのか」は、「職種」を確認することでわかります。


みなさんは業界・企業研究をしていくうえで、どんな職種があるのかを知り、エントリー時もしくは選考過程において職種選びをしていくと思います。


しかし、働いたことがないからどんなものが自分に合うかわからず、決まらないこともあるのではないでしょうか?


今回はそんな人たちのために職種説明と決め方についてお伝えしていきます!



就活をする上で知りたい「職種」とは?

一口に「職種」といっても、その分類は見方によってさまざまです。ここでは、就職活動において一般的な企業を視点とした職種について解説します。


大きな区分として、総合職、専門職、一般職(事務)というものがあります。

  • 総合職:ジェネラリストとして多種多様な業務を経験します。 
  • 専門職:スペシャリストとして特定の業務に携わります。 
  • 一般職:サポートとして事務的業務を行います。基本的に転勤がありません。 

主な職種一覧

営業職

営業職とは、自社の商品(物品・サービス)を買ってくれそうな客に対し、購入を促し売買契約を結ぶ職種です。基本的に総合職のほとんどは営業職を経験します。


営業職は幅広いですが、職種別収入ランキングでは不動産営業が上位に入るなど、営業が得意な人には恩恵のある職種ともいえるでしょう。


経理職

企業のお金の流れを管理する管理部門です。仕入れや売上、資産などを管理し、財務諸表の作成などに携わります。


営業のような派手さはありませんが、職業柄、経営陣との関わりが多いのが特徴です。


事務職

必要な書類の作成、処分、データ入力、来客・電話対応などそれぞれの部署あるいは職種において必要不可欠な業務的サポートを行います。


企画職

マーケティングのうち、需要のある商品・サービスを考案し、カタチにする職種です。市場調査や課題設定をした後、アイデアを具体化しプレゼンを行うといったことをします。


文系でもクリエイティブな仕事につけることから人気ランキングでは上位に位置します。


ITエンジニア職

Information Technology(情報技術)を扱う技術職の総称です。代表的なもので、商品となるシステムの設計・開発・テストなどを行う「システムエンジニア」やその設計に基づいて実際にプログラミング作業を担う「プログラマー」などがあります。


実際の決め方

適性職種の見つけ方として、診断サイトを使うことがありますが、それに加えて自己分析することで、より自分の「したいこと」「得意なこと」が見つかります。


過去の経験

まずは、過去に自分がどんな役割を担ってきたのかを考えてみましょう。


一番わかりやすい例がアルバイトです。接客業務が得意で好きだったのなら、営業であなたの特性を活かせるでしょう。なぜならば、接客での「相手を不快にさせず、相手の求めることを笑顔で対応する能力」は営業において共通するからです。


記事の執筆業務を担っていたのであれば、事務や企画などが良いかもしれません。必要な情報の収集・入力をすばやくできるのは事務的なうえ、読者が惹きつける記事をつくるには企画に共通した発想が不可欠だからです。


また、実際にウェブサイトやアプリケーション開発をしたことのある学生なら、文系であってもITエンジニアとして採用される可能性は高いです。


自己分析

自分はどのような性格で、どのような場面で力を発揮できるのかを考えてみましょう。


「集団では自分の意見を主張して他を引っ張っていく性格ではないが、計画性をもって正確な作業を行うのには長けている」だとしたら、重要な数字を扱う経理などが当てはまるでしょう。


また「世の中の動きや流行に敏感で、ひらめいたことを共有できる」能力に長けているのな、企画で十分にその力を発揮できるでしょう。


キャリアデザイン

上記ふたつとは違い、逆算方法としてキャリアデザインによる職業選びがあります。


キャリアデザインとは、これからの職業フローを自分の将来の働き方や生活にあわせて計画的に設計していくことです。


例えば、「30代後半に特定分野のフリーランスエンジニアとして働いていきたい」場合、そのスキルを磨くために大手IT企業でSEを志望し、必要な知識経験を磨き、30代前半にはベンチャーに転職し、需要あるシステムを自分主体で設計する環境を見出すなどが考えられます。


キャリアデザインは逆算していくので理想のキャリアを描くための細かい情報収集と綿密な設計が必要です。


まとめ

職種というのは社会における「肩書き」でもあり、自身における「動機」にもなり得ます。


興味のある業界に入っても、自分の好きな仕事でなければ働くことへのモチベーションは下がってしまいます。そうならないためにも企業研究と兼ねて一度考えてみるのが良いでしょう。



~自分に合った職種はなんだろう…というお悩みをプロが解決!~

株式会社Rootsのプレミアム面談

予約はこちら → https://joppy.jp/lp/05/192




参考
https://kotobank.jp/word/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-802207
https://mynavi-cr.jp/office-work/
https://internshipguide.jp/columns/view/about_planning_job
https://careerpark.jp/49413
就活で知りたい職種の決め方!

この記事を読んでよかった!と思ったら押してね

よかった!
よかった!

あなたへのおすすめ

  • オススメ記事!

  • オススメ記事!

  • オススメ記事!

  • オススメ記事!

recommend!
ピックアップ記事は、あなたの読んだ記事に応じたオススメ記事です。
いくつか記事を読むと表示されるようになるので、
ぜひ興味のあるJoppyの記事を読んでみてください。

関連記事

新着記事