最高のJobで、Happyになろう! ジョッピー

就活で「5年後10年後の将来像」を聞かれたら|具体例とともに解説

就活で「5年後10年後の将来像」を聞かれたら|具体例とともに解説

唐突に未来のビジョンについて聞かれるというのは、就活ではよくあります。


「入社してどういう仕事がしたいか」くらいは準備していたけど、長期の展望についてはまったく準備していなかった!なんてことがあれば、曖昧な受け答えしかできず面接官があなたに抱く印象は薄れてしまうでしょう。


今回はなぜこのような質問がなされるのか、またどのように面接対策すれば良いか、詳しくお伝えしていきます!


面接で5年後と10年後の将来像について質問される理由


この質問には以下の2つを知る目的があります。


志望業界・企業への理解度がどのくらいか

5年、10年と経過すれば、業界やその中の企業も多種多様に変化し、新たな事業が増えています。採用する側は新たな可能性を持つ事業が今の新卒によって作り出されることを望んでいます。


つまり、現在における業界や志望企業の状況がどのようなものか、そこからどのように展開していくと想像しているのかを聞くのです。

働くことへのイメージがついているか

これから働くのに今からイメージをしておけと言われてもピンとこない人は多いでしょう。しかし、難しいことを考える必要はありません。

「頑張るのは就活の今だけで後は知らない」であれば採用側は困ります。


一緒に働くことになるであろう人々は、あなたが働くうえで目標にすること、それに対し日々どんな姿勢で働くことを望むのかというのを聞きます。

就活生が参考にしやすい具体例

基本的に上に述べた両方の意図を汲んだ応答が最も効果的ですが、難しい場合は片方だけでも大丈夫です。


ここでは応用のききやすい働くイメージに関する将来像の例を紹介します。


・「5年後にはチームリーダー、マネージャーとなってそれまで身に着けた知識と経験を活かして新卒の後輩を引っ張っていきたい。そのために実際の業務に加え○○といった資格取得も頑張りたいと考えています」


・「10年後には、管理職としてのマネジメントスキルも磨いたと仮定して、国内で培った事業ノウハウを活用するために海外勤務を次のステージとして目指したい。特に英語は必須なので今から少しずつ勉強しています」


面接で重要な答え方のポイント

①できるだけ明確な目標を設定する

数字を用いるまでの具体性はいりません。


どのような環境で、どういったポジションで、またどのような仕事に携わるのかなど、現在から想像できる範囲で考えてみましょう。


ただ、あまりにも実現可能性が低いようなものは注意しましょう。

②目標達成に向けたストーリーを構成する

目標が定まったら、次はそれを達成する過程でどういうことに励むのか。


また、そこで起こりうるイベントも含めてあなたの活躍する物語を完成させましょう。曖昧さや控えめな表現は使わないようにするのがポイントです。


まとめ

将来の可能性を広げていく企業にとって、将来を見据えて働いてもらうことはとても重要なことです。


そこで見ているビジョンが違うとなると、どれだけ優秀な人でも「うちでは必要ない」と思われてしまいます。


業界や志望企業の研究を重ねることで、求めているビジョンに沿った将来像と自分を結び付けることができるでしょう。




~市場価値を高める企業への就活をサポートする就活エージェント~

就活面談サービス「JobSpring」

予約はこちら → https://joppy.jp/lp/05/192



参考:
https://shukatsu-mirai.com/archives/88003#i-3
https://gakumado.mynavi.jp/style/articles/51466

就活で「5年後10年後の将来像」を聞かれたら|具体例とともに解説

この記事を読んでよかった!と思ったら押してね

よかった!
よかった!

あなたへのおすすめ

  • オススメ記事!

  • オススメ記事!

  • オススメ記事!

  • オススメ記事!

recommend!
ピックアップ記事は、あなたの読んだ記事に応じたオススメ記事です。
いくつか記事を読むと表示されるようになるので、
ぜひ興味のあるJoppyの記事を読んでみてください。

関連記事

新着記事