最高のJobで、Happyになろう! ジョッピー

「外資系」って何??

「外資系」って何??

 こんにちは!

 みなさん、「外資系」って言葉を聞いたことはありませんか?業界について調べているときや、インターンをする企業探しをしているとき、よく耳にするのではないでしょうか。

 今回はそんな「外資系」についてばっちり理解しましょう!



「外資系」とは?

 「外資系」とは「外資系企業」の略称で、単に「外資」と呼ばれることもあります。外資系企業とは、海外の企業や投資家が一定以上の出資をしている(=その企業の株式を保有している)日本の企業のことです。したがって、海外の企業・投資家が経営方針に関して強い影響力を持ち、主導権を握っています。


 代表的な外資系企業としては、

 • 外資系投資銀行

… ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー

 • 外資系コンサルティングファーム 

… マッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン コンサルティンググループ

 • 外資系IT企業

… Google、日本マイクロソフト

 • 外資系メーカー

… P&G Japan、ネスレ日本、

 などが挙げられます。

 ちなみに、外資系ではない日本の企業は「日系企業」と呼ばれています。


外資系企業で働くメリット・デメリット

 「外資系」と聞くと、グローバル、英語ができないとだめ、自由な社風、実力主義…などなど、良くも悪くも色々なイメージが湧いてくるのではないでしょうか。それでは、日系企業との比較も含めて、外資系企業で働くメリット・デメリットをまとめて見ていきましょう!


メリット

 • 給与水準が高い

日系企業と比較すると、同業種でそれぞれ1~3割ほど年収が高いと言われている

 • 実力主義・成果主義によるメリット

・完全に実力で評価される

・日本のような年功序列・長年の男性社会の風潮という慣習はない⇒男女や年齢の差別がない

・上下関係がフラットでドライ⇒人間関係で必要以上に気を遣わなくて済むことが多い

 • ワークライフバランスが尊重されている

・残業や休日出勤がほとんどない⇒プライベートを充実させることができる

(※外資系企業では勤務時間内に仕事を終わらせることがシビアに要求され、残業する人は仕事のできない人と見なされる傾向があるという要因もある。)

・休暇に対する考え方が寛容…有給休暇の消化率も高い

 • 語学力の向上

・仕事で英語を使うことができる

(※英語への関与度は企業による…社内公用語とする、海外にある本社との会議でのみ使う、など)

・国際色豊かな人材と一緒に働くことができる

・海外出張・海外転勤がある


デメリット

 • 福利厚生が手薄い

外資系企業では、日系企業のように福利厚生を導入している企業はほとんどない

(家賃補助などの制度がなく、退職金が出ないこともある。)

 • 実力主義・成果主義によるデメリット

実力がなければ昇給や出世はのぞめず、スピード降格や解雇もありえる

⇒雇用環境が不安定、失業率が日系企業より高い

 • 上司の言うことが絶対という風潮が強い

外資系企業では多くの場合、直属の上司に評価の決定権が与えられているため


外資系企業に向いている人は?

 さて、外資系企業には以上のようなメリット・デメリットがあるわけですが、外資系企業で働くのに向いているのはどんな人なのでしょう?


 上記にリストアップしたメリット・デメリットを見てみると、「自分の力を試したい」「早くキャリアを積みたい」「自分の実力で年収や役職を上げていきたい」と思っている、上昇志向で野心のある人には、より多くのチャンスを掴めるという点で適しているでしょう。また、「英語力をスキルアップさせたい/生かしたい」「グローバルな環境で働きたい」と思っている人にも、外資系企業は理想の職場となるのではないでしょうか。


外資系企業の選考時期

 ここまで、外資系企業の概要、特徴、どんな人が向いているのか、ということについて見てきましたが、最後に、実際に外資系企業を受けるにあたって気になる「選考時期」のお話をします。


 みなさん、「外資系企業は日系企業に比べて選考時期が早い」という話を聞いたことがありませんか?なぜ早いのでしょうか?

 それは、経団連(日本経済団体連合会)が定める「採用選考に関する企業の倫理憲章」を守っていないからです。


 この倫理憲章では、企業に対して、就活の解禁を4月にするよう要請しています。ただし倫理憲章に法的拘束力はないので、早くから行動する意欲的な学生にアプローチしたい外資系企業は、早い時期から選考を開始するのです。


 では、実際の選考フローを見てみましょう。

 本選考がスタートするのは9月~11月にかけてです。プレエントリー後は、ES(エントリーシート)、適性検査や筆記試験、複数回の面接やグループディスカッションなどが課されます。さらに、多くの企業で、数日間の就業体験による選考(ジョブ)が選考に盛り込まれています。このような過程を経て、およそ3か月で内定に至ります。


まとめ

 いかがでしたか?「外資系」についてざっくりと理解できたでしょうか?

 外資系企業を受けるかどうか迷ったときには、「自分はどんな環境で何を目指して働きたいのか」というビジョンと、外資系企業ならではのメリット・デメリットを照らし合わせて考えてみてくださいね。


参照HP一覧
外資系企業とは? 外資系企業に転職するために知るべき10のこと

外資系企業で働くメリットとは|Michael Page Japan

外資系企業で働くメリットとデメリット。一見給与は高いが将来の不安を拭えない現実。

Japan Times Jobs

外資系投資銀行・戦略コンサル・外資メーカーの本選考特集

外資系企業の就活のスケジュールや特徴、求められる能力を解説|BRAVE ANSWER

「外資系」って何??

この記事を読んでよかった!と思ったら押してね

よかった!
よかった!

あなたへのおすすめ

  • オススメ記事!

  • オススメ記事!

  • オススメ記事!

  • オススメ記事!

recommend!
ピックアップ記事は、あなたの読んだ記事に応じたオススメ記事です。
いくつか記事を読むと表示されるようになるので、
ぜひ興味のあるJoppyの記事を読んでみてください。

関連記事

新着記事