最高のJobで、Happyになろう! ジョッピー

今更聞けない!総合職と一般職の違いを知ろう

就職活動をしていると、募集要項でよく見かける「総合職」「一般職」という文字。総合職と一般職の違いを、それぞれのメリット・デメリットと共に紹介します!

今更聞けない!総合職と一般職の違いを知ろう

ハードだがキャリアアップが見込める総合職

総合職は、やがて管理職として会社の将来を見込まれる役職であり、その仕事の中で重要な判断をすることが多いです。

キャリアアップが見込まれているため、給料も年々上がっていきますがその分責任も大きく、仕事中心の生活になってしまう可能性は高いです。また、全国に支社や店舗がある場合、部署異動や転勤を避けることはできません。

総合職として選考を受ける場合は、そのような環境でも働き続けられる覚悟と熱意を見せることが大切です。

転勤に抵抗がある方には、転勤なしで総合職として働けるエリア総合職もオススメです。転勤は指定エリア内のみで、待遇は総合職と一般職の中間あたりのイメージを持っておくと良いでしょう。


転勤なし・ライフワークバランスを保てる一般職

一般職は主に総合職の補助として、資料の整理・作成や事務手続きなどの仕事をします。

自宅から通える範囲内で転勤や異動のないことがほとんどです。仕事も安定しており、残業が少ないのでプライベートの両立もできるでしょう。一方で、キャリアアップや昇級はあまり見込めず、総合職に比べるとだいぶ給与が低くなってしまいます。


選考では人当たりの良さ等が重視されます。大手一般職は採用人数が少ないので倍率が高く、狭き門となるでしょう。



OB訪問や企業研究、自己分析を通して自分が総合職と一般職、どちらに向いているのかを見極めることが大切ですね。

【Joppy面談】では、皆様の就活のお悩みを解決します。企業研究や自己分析を始め、面接対策、ES添削などのお悩みを専属エージェントと一緒に解決しましょう!

様々な会社の様々な職種の紹介も行っています。

→ご予約はこちら!←

今更聞けない!総合職と一般職の違いを知ろう

この記事を読んでよかった!と思ったら押してね

よかった!
よかった!

あなたへのおすすめ

  • オススメ記事!

  • オススメ記事!

  • オススメ記事!

  • オススメ記事!

recommend!
ピックアップ記事は、あなたの読んだ記事に応じたオススメ記事です。
いくつか記事を読むと表示されるようになるので、
ぜひ興味のあるJoppyの記事を読んでみてください。

関連記事

新着記事