最高のJobで、Happyになろう! ジョッピー

企業研究

企業研究

企業研究って何を調べればいいの?企業研究のコツ

企業研究とは、言葉通り企業についてしっかり調べて理解を深めることです。就活初期というよりは選考を受ける企業を絞っていくときや、いくつかある候補企業の中でも志望度に順番をつけるときなど、中盤から終盤にかけて行うものという認識の方が合っているかもしれません。

というのも、まだまだ候補企業が絞れていない段階で「少しでも気になるところは全て研究しよう!」と思ったとしても、多くの人が数社調べてみたところでくじけてしまうと思います。

そもそも日本に存在する企業の数は非常に多く、さらに企業に関する情報はネット上で得られるものだけでも膨大です。だからそもそも就活の序盤、自分の就活における軸(譲れないもの・大切なもの)が明確になっていない段階で企業について調べようとしても、どの企業のどの情報を調べるべきなのかわかりませんよね。

最終選考まで進んだ数社の中で最終的な志望順位を考えたり、しっかりと面接で企業への理解を示すときなどはその企業について詳しく様々な情報を頭に入れれば良いですが、企業数が多すぎては結局どの企業に対する理解も中途半端であまり意味がありません。

ということで、企業の数自体も企業ごとの情報量も膨大で手に入ってしまうこの時代の企業研究のコツは、「研究対象とする企業」も「企業のどの情報に着目するか」も絞っておくことです!

Joppyでは業界研究に関しては一通りサラッとでも各業界について知ろうとしてみることをオススメしていますが、企業研究に関してはある程度絞って行っていくと良いと思いますよ!

また、「どの段階か」によってどこまで情報を深く・広く調べるのかもしっかりと使い分けておいたほうが良いです。

着目する情報をどうやって絞るか

さて、上記では「どの企業について」「どの情報を」という2点を絞るようにとお話ししてきました。では実際にはどのように絞っていけばいいのでしょうか。

まず「どの企業について」というところですが、これは自分が興味を持ったかどうかで絞っていくしかないかもしれません。あるいは興味のある企業の競合であるとか、何か関係性があるとか、そういった範囲の企業に絞るのがいいかもしれません。

そして「どの情報を」という点についてですが、これは自分の軸が見えていれば自ずと絞られていることと思います。例えば「出産しても復帰したい」という考えがあるのであれば「産休・育休はあるか」「家庭と両立しやすい制度があるか」といったところを自然と重視しますよね。

しかし、これはあくまでも軸がハッキリしていれば絞れる、という話です。

企業研究でどの情報を見るべきか診断してみよう

まだなかなか軸がハッキリしていなかったり、自分の本心がわからなくなってしまった…という方も、いると思います。しかし企業研究をするならある程度着目する情報は絞れていた方が意味のある研究になるでしょう。

そこでJoppyでは、参考程度ではありますが、軸がハッキリしていない人がまずはどんな情報を見たら良さそうか、簡単に診断できる質問を3つ用意してみました!

以下の日常における3つの質問に素直に答えてみてくださいね。(質問の選択肢は次のページにあります!)

質問:

①「あなたは突然お金をもらいました。何も気にせずバッグを買えるとしたらどんなバッグを選びますか?」

②「あなたは部活動の部長になりました。今期の目標をこの2つから選ぶとして、どちらの目標にしますか?」

③「恋人とのデート中、食事に行くことに。あなたはどのようにお店を選びますか?」

企業研究で見るべきポイントを3つの質問でチェック!選択肢と診断結果はこちら

診断をしてみた方もそうでない方も、自分がどの企業のどんな情報を知りたいか考えた上で企業ごとの研究ページを見てみてくださいね!

さっそく、以下の業界一覧から研究する業界を選んでみましょう!!

企業研究の記事一覧

さらに記事を見る